どこでお金を借りますか? Where do you borrow money

消費者金融で借りる

消費者金融と聞くと、かつての高金利だった時代を知る世代の方などは、
できればお世話になりたくない借入先だと連想される場合もあるかと思います。

銀行やクレジットカードが利用できないという方でも、
融資を受けることができる可能性のもっとも高い借入先であり、
そういった意味では、もっともハードルが低く、
だれもが利用することができる借入先であるといえますね。

消費者金融で借りるメリット

消費者金融での借り入れを行う際のメリットとしては、
上記と重なりますが、やはり審査が通りやすいという点があります。
なぜ審査が通りやすいかといえば、もともとが銀行などでの借り入れを
利用できない層をターゲットとしていますから、銀行よりも審査を通りやすくして、
利用者の間口を広げている結果だといえます。

そしてもうひとつの大きなメリットは、
申しこみから融資までにかかる時間が非常に短く済ませられる点です。
これは、消費者金融という貸し金業者の性格上、より多くの顧客に融資を行うことで
利益を得ているという成り立ちがあるためで、古くから迅速な審査および融資ができるよう、
さまざまなノウハウを蓄積してきた結果であるといえるでしょう。

申し込みを行ったその日のうちに融資を受けることも可能で、
指定口座への振込みの場合であれば、遅くとも14時までに申し込みを済ませれば、
大抵の業者が即日融資に対応しています。
借りたいと思ってから申し込みを行って、すぐに融資を受けられるという点は、
利用者からみても非常に大きなメリットであるといえるでしょう。

消費者金融で借りるデメリット

デメリットとしては、銀行などと比較して高金利での融資となる点です。
これはそもそも、消費者金融が顧客に融資する資金そのものを、銀行から借り入れており、
消費者金融も銀行に対して、金利を支払わなければなりません。
この資金を顧客に融資するのですから、必然的に金利を上乗せした形での融資を行わざるをえません。

こういった構造から、高金利での融資となっているわけです。
しかし、以前は今と比べてさらに高い金利での融資を行っていました。
いわゆるグレーゾーン金利の撤廃をともなう、改正貸金業法の施行以来、
上限金利が引き下げられたことから、以前のような高金利での融資は行われなくなっています。

もうひとつ、これも改正貸金業法によるもので、
総量規制によって年収の3分の1を超える貸付が制限されるようになりました。
この影響から、これまでの借り入れ残高が、年収の3分の1を超えている場合や、
それに近い場合などは、融資を受けることができない場合があるという点は、
覚えておく必要があります。

Contents

コラム