どこでお金を借りますか? Where do you borrow money

銀行で借りる

年収がそれなりに多い、融資そのものを急いでいない、という方の場合は、
まずは銀行での借り入れを検討するのがもっとも良い選択肢だと思います。

というのも、信販系クレジットカード、消費者金融などと比較した場合に、
もっとも審査が厳しいといわれているのが銀行での融資であるからです。

銀行で借りるメリット

銀行で融資を受ける際の最大のメリットは、低金利での借り入れが可能である点です。
預金業務を行っている銀行は、その膨大な預金を
さまざまな金融商品の資金として活用することができます。
融資を行う場合にも、自らの預金を利用して融資を行うことができますから、
どこか他から借りてくる必要もなく、金利を上乗せする必要もありません。
こういった背景から、低金利での融資を行うことが可能となっているのです。

もうひとつメリットといえるのは、信頼性が高いという点です。
銀行という金融機関には、成人であればほぼすべての人が口座を持っているかと思います。
そういった口座において給与の振込みや、公共料金の引き落としなどを行っているくらいですから、
高い信頼性があるという点も頷けますね。

しかし、銀行はそう簡単に潰れたりはしませんが、経営統合や合併などは平成になってからは
かなりの銀行において行われてきたことも事実です。
だからといって、預けておいた預金がなくなってしまうということはないのですが、
銀行が信頼性の高い金融機関であるというのは、ひとつのイメージであると考えておいても良いかと思います。

銀行で借りるデメリット

デメリットとして挙げられるのは、審査が厳しいという点です。
この審査が厳しいということは、低金利であることとも密接に関連していて、
低金利での融資を行うということは、銀行にとっての利益も低いということとイコールなのです。
融資を行ったはいいけれどきちんと回収できなかった場合などには、
銀行にとって大きな損失となってしまいます。
そのため、きちんと回収(返済)できる見込みのある人かどうかを審査によって見極めた上で、
融資を行うことになるのです。

ちなみに消費者金融の場合は、上記とまったく正反対の理由から、
審査が通りやすいということも付け加えておきましょう。

銀行系の消費者金融

最近よく聞かれる銀行系消費者金融とは、いったいどういった業者なのでしょうか。
”消費者金融で借りる”のページでも少し触れました、改正貸金業法が施行され
導入されることとなった総量規制という決まりのおかげで、貸金業者である消費者金融では
借入残高が年収の3分の1を超えている顧客に対して、貸付を行うことが困難となってしまいます。
このことに対する対策として、銀行と資本提携を行うことで、貸金業者という枠から逸脱し
総量規制の影響を受けずに融資を行えるような体制とした業者のことです。

こういった業者は、銀行のもつ信頼性と消費者金融のもつ迅速な融資をも併せ持つため、
このところ非常に高い注目を浴びている業者だといえます。

Contents

コラム